市民の力で政治を変えよう


by masako-hiroba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
職員を辞し、市長選に立候補した稲田氏に2、3年前に伺ったことがある。
もし市長になれなかったらどうされるおつもりでしたかと、答えは「ラーメン屋の屋台を引いてでも生活していく覚悟で、一期目の市長選に臨んだ」とのことであった。
それだけの強い信念を持ち、和泉の街づくりを考えた人だが初心を忘れた結果が、今回の入札妨害の容疑での逮捕である。市長はこの10年近く365日休む間もなく、走り続けていた。市民の小さな集いにも気軽に足を運び、気さくに話をしていた。そのような市長に多くの人は「腰の低い、いい市長」との評を寄せた。しかし耳に心地よいことが、だんだんと市長を裸の王様にしていたように思えてならない。市長にもう少し耳の痛いことを言う人、苦言を呈する人を身近に置く器量が備わっていたなら、今回のような事態には陥っていなかったかもしれない。
私の立場は市長から見れば煙たい存在であったに違いない。しかし私は是々非々で正面から事を質してきたつもりである。箱物行政ではなく、ソフト面の充実を。市内の専門家の力を借りて、行政と市民との協働を。しかし今日の逮捕で、稲田市長のふるさと和泉にかける願いはとん挫せざるを得ない。
一方、市民の皆様から付託を受けている議員のチェック機能を指摘されると返す言葉がない。議員としての力不足を今更ながら痛感している。この際、役所全体が今回のことを真摯に受け止め、生まれ変わらなければ、市民の信頼回復はほど遠い。
市民の皆様に「喜ばれる喜びを知る職員集団」を。
チェック機能遺憾なく発揮できる議会運営と議員活動を。
それらを目標に新しい和泉市の扉を開いていかなければならないと思う。
初心を貫くことがいかに大事で、かつ難しいことであるかを肝に銘じた1日となった。

明くる朝の新聞に助役の深夜の記者会見の記事が載っていた。
助役は陳謝した後これからの再発防止について
「市のシステムが疲弊している面があり、市政全般を点検するため、外部の人も入れた改革検討委員会を設置したい」と述べた。
これはまさしく私がかねがね指摘していた事であり、先ほどの議会の一般質問で私が提案した「外部の有識者を入れた刷新会議の設置」について、そのときは消極的であったがさすがに今回の事態を受けて設置せざるを得なかったと思われる。
いずれにしてもこの改革委員会がこれからの和泉市の有り様を決めることになる。人選も含め注視していきたい。嵐が静まるまでの一時しのぎの委員会になることのないよう助役以下肝に銘じてほしい。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-04-14 12:03 | 市政
c0007338_8553457.jpg
いつも正門に入学式の看板があり、満開の桜をめでながら校舎に入っているのですが、今年は通用門のみ開かれていました。こんなところにも、昨今の学校警備の厳しさを感じました。
今年度緑ケ丘小学校入学者は231人で、7クラス編成になっていました。
私の子供たちが通っていた頃は一学年6クラスが多くありましたが、7クラスは緑ケ丘小学校でも初めてのこととのことでした。そのせいか入学を祝う保護者席が不足し、立ったままで参列していただいた保護者の方もあり申し訳ないことでした
1年生の皆さんにとっては1年先輩の2年生が歓迎の気持ちを込めて歌う歌や、手話が印象深かったかもしれませんね。
2年ぐらい前までは、楽器の演奏も新2年生がしてくださいましたが、今は舞台に並ぶだけで、場所がふさがり、その空間もありません。平成18年には、(仮)東部小学校が開校予定ですので、緑ケ丘小学校のマンモス化にも歯止めがかけられます。新1年生の皆さんにとって学校はなにより楽しいところ、お友達がたくさんできるところとなる事を祈っています。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-04-07 08:53 | 日記
c0007338_8535579.jpg
遅かった桜の開花も入学式に合わせるかのように、急に咲きはじめ、新1年生の入学を祝福しているかのようです。少し大きめの制服を着て入場してきた1年生は、5クラス編成です。
今年の石尾中学校校長は3月末まで教育委員会、学校教育部部長しておられた辻本先生が赴任してこられました。入学式は30分ぐらいで滞り無く終了し、次は在校生によるクラブ紹介がありました。
新入生を確保しないとの存続が危ぶまれる部の入部勧誘は切実で、聞いていてその危機感が伝わってきました。また新入生の前で、実技をするクラブも多くありよりよいPRができたと感じました。
心身ともに成長の著しいこの3年間を有意義に過ごしてほしいと願いつつ入学式に参加させていただきました。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-04-06 08:50 | 日記

片山知事職員厚遇を語る

c0007338_12325217.jpg
片山知事が職員厚遇について語りました。
大阪府市町村職員互助会も全く同様の問題を抱えています。リーダーシップを発揮すべき市・町長はどのように考えておられるのでしょうか。

情報公開で市民が判断
公務員は税金をいただいて成り立っている。中小企業からも、パートタイムの方からも納めていただく血税で給与や福利厚生をまかなつているからには、中小企業やパートの方にも納得してもらえるものでなけれはならない。
大阪市はトヨタ自動車のように自らもうけて大きくなったわけではない。職員も労組も、そこを勘違いしていないだろうか。人口が多くて仕事も多いから、職員が多くなったに過ぎない。
大阪市の職員厚遇を伝える報道を見て、まず驚くのは透明性のなさだ。オンプズマンの情報公開度ランキングでは政令指定市の2年連続最下位だ。次に驚くのは、説明責任の放棄だ。どうして市民が怒る職員厚遇を長年続けてきたのか、どこが問題だったのか、市民に全く明らかにしていないように見える。さらに、市議会や監査制度のチェックシステムが全く作動しないことも間題だ。.
市長は本来市民、納税者の代表だ。しかし、大阪では何代にもわたって労働組合に推され、選挙まで応援してもらい、職員厚遇を認めてきたという。密室の労使交渉でお手盛りが決められるのでは市民に知る余地はない。市民に代わって公金の使い方を監視するはずの市議会も、厳しい質間はしないまま。まるで市、組合、議会の「魔の三位一体」だ。
適切な福利厚生や給与の判断基準は地域における民間労働者や他の自治体職員との比較だ。全部公開し妥当性を市民に判断してむらえばいい。公開すれほ「それぐらいはいい」とか「ちょっとやりすぎだ」とか言ってくれる。水準はおのずと決まってくる。
私は知事になって、職員の処遇はすべて県のインターネットで公開するようにした。例えは、昇任にかかわらず、年功序列で一律に昇給していく「わたり」と呼はれる慣行が続いていたが、公開によって県民の批判が集まり、見直しを進めている。
首長が情報公開を徹底すると宣言し、少しでも非開示があれは首長の決裁にして、自分が責任を持てばいい。改革が本物かどうかを見定,めるリトマス試験紙は二つある。一つは、自分を例外にしない情報公開。もう一つは情報公開や住民監査を請求するオンプズマンなど市民団体を毛嫌いするかどうかだと考えている。
市民団体を私はありがたいと思っている。頼みもせず、報酬も払わないのに、チェックしてくれる。自治体幹部が市民団体からの人材登用に否定的だとすれば、それは自分たちの都合のいい改革をやりたいからだ。本当に改革する気があれば自分たちに一番厳しい人を組織に入れるべきだ。
継続的に市政を監視している市民団体方々の協力を仰ぐのは果的だ。市政は市民が作るもので、職員厚遇見直しは市民が納めた税金の使い道の間題だ。
職員厚遇が全国的に問題になり、各地の自治体で大阪市ほどではないにせよ、似たり寄ったりの間題が明らかになつている。
その悪影響は、「地方は信用できない」というロ実を中央に与えることだ。せっかく進もうとしている地方分権の,流れにプレーキがかかるかも知れない事態だ。
この際、職員の福利厚生や手当をもう一度見直し、説明責任を果たせるものは残し、果たせないものはきつぱりと.やめることだ。地方自治への信頼なしに、地方分権はありえない。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-04-02 12:33 | 市政
c0007338_13124395.jpg
3月26には林家染二師匠をはじめとする一門の方の指導により落語のワークショップがありました。
参加した小中学校の皆さんは鳴り物や所作、そして小話を披露してくれました。
午前中のわずか2時間足らずの稽古でよくあそこまで出来るものだと感心しました。
これをきっかけに古典芸能と呼ばれるものに触れてほしいと思いました。

翌27日にはいぶき野小学校の皆さんが1年間文楽に取り組んできた様子を撮影したビデオを鑑賞し、その後成果である二人三番叟、葛の葉子別れの段を見せていただきました。
人形の主遣い、左遣い、足遣いの三者の息がぴったり合い、人形に命が吹き込まれた一瞬は小学生が演じているとは思われませんでした。
浄瑠璃、三味線も堂々と演じていて安心して見ることが出来ました。

舞台上で三味線の音あわせをする余裕のある人もいて感心しました。

アンケートをとりこども文楽を和泉の地に育てようという意気込みもあるようです。
今後が楽しみです。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-03-30 13:12 | 日記
一連の和泉市職員の不祥事疑惑を調査すべく百条委員会の設置を議員提案しましたが、賛成少数で否決されました。
議員調査権を実体化する百条委員会の設置を自ら否決した議員の思いはどこにあるのでしょう。
何とも残念でなりません。当局が5月を目途に設置を約束した調査委員会が委員の構成など本当に市政刷新に機能するものか今後注視していきます。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-03-29 15:43 | 議会

侮れない厚遇見直し効果

今回の一連の職員厚遇批判に対して、計画されている見直しの効果が和泉市の場合年間4億円にものぼることが明らかになりました。
今回の見直しは
・健保の負担を1:1に
・互助会の負担を1:1に
・厚生会の負担を年間7千円/人から5千円に削減
・職員の生命保険の掛け金負担を廃止
等です。
従来なかなか進まなかったこれらの改革が今回の厚遇見直しの運動で一気に花開いた感じです。
世論が市政を動かした華々しい成果です。
市政の主役は市民であることを実感しました。
効果の詳細はここ
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-03-27 14:03 | 市政
一般質問が終わりました。3月9日から15日まで開かれた今年の予算委員会では副委員長となりました。慣例では質問をしないとのことでしたが互助会に関する事のみ質問をしました。いつもと勝手が違いストレスの貯まる予算委員会となってしまいました。
今回の一般質問は次の事項を取り上げました。
・元理事、元助役の相次ぐ不祥事について
・修学旅行について
・授業時間数について
・互助会について
・槇尾川ダムについて
一般質問のやりとりは今整理中で、数日中にホームページにアップする予定です。
私が今回質しかった事は
<元理事、元助役の相次ぐ不祥事について>
今回の不祥事は一昨年のコスモポリス汚職に引き続き3回目で単なる偶然ではなく、和泉市の体質に根ざしているのではないかと危惧したためです。
ところが市長を始め行政側の今回不祥事に関する危機意識は全く希薄で、事件発生後も緊急に善後策を講じた節もなく、対応はコスモポリス汚職後に制定した職員倫理条例に屋上屋を重ねる汚職マニュアルを策定する程度で、私が提案した市民を含む外部の有識者からなる刷新会議の制定も全く顧みられませんでした。
議会は当初百条委員会の設置を唱えていた議員も当局がこの問題を検討する委員会の設置を表明した途端意見を翻し、結局百条委員会設置を提案したのは私と共産党議員の計5名に終わりました。市政をチェックすべき議会のありように思いをはせざるを得ません。
<修学旅行について>
修学旅行を実施するに当たり、下見の時期や方法が現状でいいのかと問題提起を受け質問しました。
ところが全ての中学校で修学旅行の見積もり資料は今年度のみしか残っていなく、以前のものはほとんど無い状態でした。下見については復命書があるのみで報告書も無いなど文書管理のずさんさが明らかになりました。又下見に業者が同行した学校が3校、もっとも多い学校では10人の先生が下見行っており(規定以上の人は自己負担だが)首をかしげる事が横行しています。
下見のあり方、見積もりの取り方、文書の保存、報告書の作成等提案しました。
<授業時間数について>
ゆとり教育で授業時間数が減ったためとして学力が低下したと叫ばれている中、決められた授業時間が守られているか質しました。
和泉市の授業時間数の達成状況は全く不十分といわざるを得ません。泉大津市、岸和田市、富田林市等は殆ど達成しているにもかかわらず、和泉市は未達成の学校がたくさんありました。この状態はここ数年続いています。教育委員会は学校からの授業時間の報告書をしっかりチェックしバックアップすべきです。
望まれる教育とは授業時間数だけではありませんが、これは最低限確保されねばならないもので、これを確保した上でそれぞれの学校が工夫を凝らした授業を行うべきです。
ある学校の校長・教頭は大幅に授業時間が未達にも関わらず、保護者からの抗議に全く問題意識が無かったようです。
教育委員会は学期ごとに指導していくと答えましたが、私は毎月目標を設定し計画を達成するよう提案しました。
<互助会について>
予算委員会で答弁不足の事項について追加質問しました。
まず気になったことは市は当事者意識が希薄なことです。互助会に任せている、互助会がこう言っているという答弁が節々にあり、今問題になっていることを自分の問題としてとらえている節が見えてきませんでした。市は職員の福利更生事業を互助会に委託している立場であり、互助会は委託を受けて事業を行っているだけで、どのような事業を行うかは委託している市が考えるべきものです。
例えば今問題となっている”退会給付金(退会餞別金)は他の自治体でどうなっているか”を質しても、”互助会が把握していません”との答弁で、”把握するよう要請して欲しい”と重ねて質問しても、”互助会が自発的に運営しているのでそのつもりはない”との答弁に終始しました。
特に私が問題にしたのは決算書に出てくる責任準備金(H15年度決算で519億円)です。この責任準備金はここ数年急激に減少しており、この責任準備金とはどういう性格のものかを質したところ、これは繰越金であると答弁しました。
何故責任準備金と表記しているのか再び質したところ、誤解を招くなら表現を変えてもいいとの答弁。
繰越金と責任準備金とは性格がまったく異なるものです。
繰越金であれば使途は制約されず、又どれほど持っていないといけないというものでもありません。一方責任準備金は将来の給付に備えて積み立てておくべき性格のお金で、互助会の給付の8割がたを占める退会餞別金は在会年数と月俸から決められた計算式で給付を約束しているもので、準備金が無いから給付しないと言うわけには行きません。借金をしてでも給付しなければならないものです。
従って互助会の決算書にある責任準備金はまさしく責任準備金であって繰越金ではありません。責任準備金であれば正当にそれが積み立ててられているかは互助会の財政を評価するのに最も大事なもので、計算していないなどは想像できません。
私はこの制度は違法で出来るだけ早く止めるべきと考えていますが、今質しているのは度々制度を変えているこの制度のいい加減さを質しているのです。今の責任準備金では到底現在の退会餞別金の制度は維持できないと考えるためです。
<槇尾川ダムについて>
槇尾川ダムは昨年の再評価委員会で条件付ながら継続の答申をしました。
しかしダムが建設されるのは平成20年でまだ数年あります。少しでも市民の皆様にこのダムとはどのようなものかを知っていただきたく、質問を続けます。
現在進めている槇尾川の河川整備はS57年の洪水に対応する為に進められています。この事業は河川改修に104億円、ダムに128億円の費用で10年かけて進められています。ところがこの事業が完成しても、槇尾川河川整備計画の100年確率対応の雨が降ったときには洪水は防げず多くの地域で洪水に見舞われます。この100年確率対応の事業には更に634億円の巨費が必要で、そのスケジュールは決まっていないということです。
この財政難の折、更にこのような巨額の費用が河川改修に投入されるとは考えられません。事実上槇尾川ダムの河川改修はこれで打ち止めになる公算が極めて大きいと考えるのが妥当と思います。
そう考えるとこのダムは何故今建設しなければならないのでしょうか。このダムは100年確率対応で基本高水を750トンから700トンに下げることを目的に計画されたもので、50mm対応ではそもそも必要ではない事業です。
50mm対応であれば今回の河川整備で十分対応可能で、問題があるとすれば大川橋から上流です。ところが今回のダム計画の契機となったS57年の水害は全体の浸水家屋3911戸、槇尾川が原因と考えられるもの533戸、その内大川橋から上流は仏並第2排水区の30戸だけです。それも床下浸水の軽度なものです。
この30戸のために今128億円の巨費と環境破壊をもたらすダムが計画されているのです。
これがダム計画の実態です。
巨大なコンクリート構造物は一度作ってしまえば元に戻せません。後になって何故こんなものを作ったのかと後々の人に言われないようもう一度考えてみようではありませんか。
質問を終えた翌日ダム予定地を見てきました。仏並町の家並みをはずれたあたりから山へ目をやると、頂上の方まで木が伐採され思わず声を出してしまいました。しばらく車を走らせると、以前よりも伐採があちこちで行われ、山肌が露出していました。
以前通行止めになった箇所には土嚢が積まれブルーシートがかけられていました。青少年の家まで来ると防災工事中でした。5月末までの工事予定で約1千万円をかけて行うと看板に出ていました。
つい一年前までは殆ど変わらない四季を毎年繰り返していたのに、工事が入ってからは激変しています。
こんな現場を見ても心を痛めないでおられる人たちもいるのですね。ダム関係者は是非この変わり様を見て欲しいと思いました。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-03-26 18:50 | 議会
私たち「公金投入の見直しを求める議員の会」は、先般市長会並びに村長会に健保組合の公費負担の削減と共済組合への統合を求めてきましたが、昨日健保組合の理事長である倉田薫・池田市長が記者会見で公費負担の削減と将来の共済組合への編入を表明しました。
確実に流れは変わってきています。 <関連 互助会>

以下は読売新聞の記事です。
大阪市を除く大阪府内の42市町村の職員が加入する府市町村職員健保組合に過剰な公費が投入されている問題で、同組合理事長の倉田薫・池田市長は1日、記者会見で「現在1対2となっている職員と市町村の保険料負担割合を06年度に1対1・5、07年度に1対1に下げたい」と表明した。また、同組合と府市町村職員共済組合との一本化を目指すとしている。同健保組合には昨年度、公費約261億円が投入されている。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-03-03 07:33 | 市政
c0007338_13171167.jpg


読売新聞が伝える職員厚遇の見直し
<記事内容>
大阪市を除く大阪府内の42市町村が、職員らの加入する府市町村職員互助会と府市町村職員健康保険組合に過剰な公費補助を続けているとして、各市町議らは連携して見直しを迫ることを21日までに決めた。

 公費と職員の負担割合は互助会が1・64対1、健保組合が2対1で、各種の祝い金の支給などに加え“ヤミ退職金”との批判が強い高額の退会金も存続。自治体ごとの職員厚生会などとの二重支給も多い。市町議らは、互助会への公金支出を全廃し、健保組合に関する公費負担も職員と均等にすることなどを求める方針。職員厚遇問題が府内全市町村に波及した形だ。

 互助会(約6万人)は最高約270万円の退会せんべつ金や在職10年ごとの慰労金(最高10万円)、結婚(10万円)、結婚25年(5万円)、同15年(3万円)、子供の入園・入学(最高5万円)などの祝い金を支給。宿泊施設の運営、旅行の宿泊費やスポーツクラブ利用料の補助、低利融資なども行っている。昨年度に投入された公費は約66億円にのぼった。

 健保組合(7万6000人)には昨年度、市町村が約261億円を支出。地方公務員等共済組合法は、職員らの医療保険について、自治体と加入者が保険料を50%ずつ負担する共済組合で担うとしているが、同健保組合は法施行(1962年)前に設立されたため、特例で存続が認められている。

 市町議らは各議会で「職員厚遇だ」と追及してきたが、自治体側が「他の市町村にもかかわり、単独で対処できない」などとしているため、吹田、寝屋川、和泉各市、島本町などの約20人が「公金投入を見直す議員の会」をつくり、府市長会や府町村長会に働きかけたり、各議会で一斉に質問を行ったりすることにした。今後、他の市町村議らにも参加を呼びかける。

 市町村側は互助会、健保組合とも、公費と職員の負担割合を06年度から1対1に改める方向で検討しているが、議員の会は、互助会への公費支出をなくし、健保組合も既存の府市町村職員共済組合と統合して公費を減らすよう求める。

 互助会を巡っては昨年2月、大阪高裁が“ヤミ退職金”訴訟の判決で、退会せんべつ金と公費負担について「退職金の上乗せにあたり、自治体の補助金支出は違法」と指摘し、同会が上告している。
[PR]
# by masako-hiroba | 2005-02-22 13:21 | 市政